シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室TEL(06)6363-1860
MAIL    MAP


H不動産処分を先行させての自己破産申立

Iさんの場合、不動産に抵当権が設定されていますが、余剰が見込めます。他方、申立費用・管財人費用を用意することができません。
本来であれば、不動産の処分については、破産申立後裁判所の許可を得て管財人が行うことになりますが、Iさんの場合には不動産売却を先行させることにしました。
不動産業者の評価をそろえ、適正価格で売却を行ったという手続きを確保するとともに、その余剰から申立費用を充当した後の金額を、管財人に引き継ぎます。
場合によっては、その余剰を必要な生活費として使うことも許されます。

結局、申立費用を別途用意することなく、自己破産申立てを行うことができました。そして、免責決定も得ることができました。